過払い金 相談

過払い金について相談したいのですが…。

過払い金について相談したいのですが…。

過払い金 相談

任意整理とは、貸す側と借りる側の示談です。20年にもわたり、自転車操業を反復していたAさんは、借り入れの総額が500万円にまで膨れ上がり、毎月10万円以上返済にあててもさっぱり残額が減りませんでした。

 

困ったAさんは弁護士に相談し、任意整理を行うことにしました。これで過払いが判明し、払い過ぎた利息で残っていた借り入れ金を完済する事が出来ました。

過払い金 相談

 

任意整理を行った結果、過払い金が判明し利息がなくなり、借金を完済することが出来たのです。また、過払い金は今まで返済してきた利息が多額であればあるほど、過払い金として戻ってくる可能性が高いです。なぜなら、毎月返済しているお金の大部分は元金ではなく利息の支払いに消えていたのです。
現在の借入金と利息の関係を見直すことができるのが任意整理の利点です。

過払い金 相談

 

Aさんほど大きな金額の借金でなくても、返済が辛くて悩んでいるのであれば、一度弁護士の無料相談に行くことをお勧めします。債務整理には任意整理・民事再生・自己破産とさまざまは種類がありますので、自らに合った方法を選ぶことができます。
過払い金 相談
任意整理を行うと、借金の元金はそのまま残りますが、過払い金がわかり少なくとも利息の支払いが減って返済が楽になるはずです。弁護士さんと相談して、あなたにあった債務整理を検討しましょう。

 

過払い金について無料のメール相談はできる?

過払い金について無料のメール相談はできる?

 

 

借金が払えないのでどうすればいいかという相談をよくされます。

過払い金 相談

借金を任意整理すると、過払い金を含め減額された借金を分割で払っていくことになります。
しかし、それにも関らず支払いが滞ってしまう事があります。そのような時はどうすればよいのでしょうか。過払い金を含めた借金の支払いができなくなる原因には、大きく分けて二つあるかと思います。

過払い金 相談

まず相談で一番多いのは『一時的に支払いが難しい』

 

相談内容で一時的に収入が減ってしまったり、急な出費が重なってしまったりなどの理由で、今月はどうしても払えないという状況に陥ってしまった場合があります。。
この場合、遅れた分を翌月に払うことができれば、そのまま返済を継続できることが多いです。
任意整理をすると和解契約書を締結しますが、そこに「支払いを2回以上怠ると期限の利益を失う」という旨が記載される事が多いです。『期限の利益を失う』とは、分割ではなく一括で支払わなくてはいけないという意味です。つまり、2回以上返済が遅れると、残りの借金を一括して返済しなくてはいけないのです。
返済の遅延が1回だけであれば、これには当てはまりませんので、問題はないでしょう。
過払い金 相談
二つ目の相談で多いのは『今後の返済が不可能』
支払いの最中に失業してしまったり、大きな病気やケガをしてしまったりなどの理由で、収入がなくなってしまい返済のめどが立たなくなってしまった場合です。
この場合何も対策をしなければ、いずれ先ほどの「支払いを2回以上怠ると期限の利益を失う」に当てはまり、全ての過払い金の借金を一括で支払うことになります。
その際再び任意整理をすることも可能ではありますが、収入がない場合は金額に関わらず返済自体が不可能になってしまうため、自己破産もしくは個人民事再生の申し立てをする事になります。過払い金を取り戻すため弁護士に相談しましょう。

過払い金 相談